« 「季節の節目となる風習を求めて」 大屋町を案内する | Main | 「さあ、トップ・シーズン突入だ!」 ハンガーの特注生産 »

January 15, 2006

Miles Davis "PLUGGED NICKEL,CHICAGO"

miles_davis_plugged

Miles Davis "PLUGGED NICKEL,CHICAGO"

Miles Davis : tp
Wayne Shorter : ts
Herbie Hancock : p
Ron Carter : b
Tony Williams : ds

1.Walkin'
2.Agitation
3.On Green Dolphin Street
4.So What - Theme

Recoeded on Dec. 23, 1965

これが演奏された1965年は、マイルスは体調を崩し、療養を強いられていた時期である。そんな最中にこんなホットな演奏が繰り広げられてのは驚きだ。1963年のベルリンのコンサート当たりからスタートしたこのリズムセクションとウェイン・ショーターのクィンテットは史上最強のマイルス・バンドのメンバーと言っても良いのではないか。この時期のハービー・ハンコックのピアノは大好きだ。切れ味があって、出しゃばらず、理知的である。(^_^)(それって、どんなの?)。ロン・カーターのウォーキング・ベースは抜群のドライブ感がある。そして、ドラムのトニー・ウィリアムスが最高だ!変幻自在のリズム。特にそのシンバル・ワークは曲の進行を支配しているかのようだ。何故かホットなマイルスに対して、2番目登場のウェイン・ショーターのクールな演奏が対照的。5人のメンバーが高次元でバトルし調和している。

|

« 「季節の節目となる風習を求めて」 大屋町を案内する | Main | 「さあ、トップ・シーズン突入だ!」 ハンガーの特注生産 »

Comments

The comments to this entry are closed.

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference Miles Davis "PLUGGED NICKEL,CHICAGO":

« 「季節の節目となる風習を求めて」 大屋町を案内する | Main | 「さあ、トップ・シーズン突入だ!」 ハンガーの特注生産 »