« 「本町と心斎橋」 大阪のご縁 | Main | 第13回 International Fashion Fair に出展 »

January 20, 2006

Herbie Hancock "DIRECTSTEP"

herbie_hancock_directstep

Herbie Hancock "DIRECTSTEP"

Herbie Hancock : elp,mini-moog,vo
Webster Lewis, keys,vo
Bennie Maupin : sax
Ray Obiedo : guitar
Paul Jackson : bass
Bill Summers : percussion
Alphonse Mouzon : drums

1.butterfly
2.shiftless shuffle
3.i thought it was you

Recorded on Octber 17-18, 1978

ハービー・ハンコックはいろんな演奏スタイルを持っている。ピアノ・ソロ、正統派のアコースティック・ピアノを使ったピアノ・トリオ、マイルス・クィンテットのようなリズムセクションとして、そしてこのアルバムのようなフュージョン・ミュージックである。フュージョンと言えば"Headhunters"が有名だが、この"DIRECTSTEP"も負けず劣らず、熱っぽい良い演奏をしている。日本で録音されたものだが、当時の新録音技術であるダイレクト録音(一発録り)だから余計にそうなのか。1曲目の"Butterfly"が好きだが、このアルバムで話題にしなくてはならないのは、3曲目の"I thought it was you"であろう。 「ヴォコーダー」と言う新しい楽器(装置?)を使ってヴォーカルの新しい表現にチャレンジしている。キーボードとヴォイスが混ざり合うことで微妙な音が表現できるのだ。当時のフュージョン・ミュージックを知るうえで、一聴の価値あり。

|

« 「本町と心斎橋」 大阪のご縁 | Main | 第13回 International Fashion Fair に出展 »

Comments

The comments to this entry are closed.

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference Herbie Hancock "DIRECTSTEP":

« 「本町と心斎橋」 大阪のご縁 | Main | 第13回 International Fashion Fair に出展 »