« 「職人芸の一品ハンガー」 繊研新聞に掲載される | Main | Life gets boring without challenges »

December 08, 2005

ジョン・レノン あれからもう25年が経った

051208_john-2

Imagine

imagine there's no heaven
it's easy if you try
no hell below us
above us only sky
imagine all the people
living for today

by John Lennon

051208_john-1

ジョン・レノンは1980年の今日、12月8日に撃たれた。突然の死。その時、それを知った時のことをジョン・レノン・ファンは必ず覚えているだろう。私は大阪で会社勤めをしていた。その日は、珍しく仕事が早く終わり帰途につく。地下鉄の西梅田駅から阪急梅田に向かっていた。その時、「ジョン・レノン撃たれる」の号外を目にして知った。意識が真っ白になったのを覚えている。とっさに梅田・紀伊国屋書店に立ち寄り、ジョン・レノンの「ダブル・ファンタジー」を購入した。一目散に帰宅し、ずっとレコードを聴いていたのを思い出す。

051208_john-3

私にはもっと一生忘れられない体験がある。それは1976年9月、ニューヨーク、セントラルパークの歩道で、ジョン・レノンとオノ・ヨーコに偶然出会ったのだ。たまたま信号が赤になる。立ち止まっているのはジョンとヨーコと私の3人。ビートルズの大ファンであること、日本から来たこと、ともかく頭に浮かんだことを必死で二人に話しかけた。あとは何を話したのか?どれくらいの時間だったのか?何も覚えていない。ただ、ジョンが"Thank you!"と答えてくれたことだけを覚えている。感動!!それから後のニューヨーク滞在の記憶がない。

3枚の写真は、 "LENNON legend"より。私がセントラルパークでジョンとヨーコを見かけた時は、ジョンはジーンズの上下にスニーカーだった。二人はこんな雰囲気で手をつないで歩いていた。その下に写っている2枚の写真は、私がジョンの死後、再びニューヨークを訪ねた時に撮影したもの。ジョンが住んでいたダコタハウスとその近くにあるストロベリー・フィールズ。ジョンの死を追悼するメモリアル。ニューヨークに行く度に何度か訪れたがいつもファンから贈られた花が絶えない。

|

« 「職人芸の一品ハンガー」 繊研新聞に掲載される | Main | Life gets boring without challenges »

Comments

shuさんへ、
そう、リビングの壁にいつも飾っている本です。どこで見つけたのでしょうか?子供の飛び出す絵本のように、ページをめくるごとに、ジョンゆかりのペーパーが出てくる。もちろんコピーだけど、何か大切にしたくなる、いい本だね。

この書き込みを12月8日に読んでくれて嬉しい。

Posted by: KOH | December 11, 2005 11:12 AM

LENNON legendって僕が買ったやつ?
やっぱこういうのって見つけた時買っておいた方がいいよね。こういう日に見るために。

Posted by: shu | December 10, 2005 08:27 PM

The comments to this entry are closed.

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference ジョン・レノン あれからもう25年が経った:

« 「職人芸の一品ハンガー」 繊研新聞に掲載される | Main | Life gets boring without challenges »