« 『建築は詩』 建築家・吉村順三のことば | Main | 「職人芸の一品ハンガー」 繊研新聞に掲載される »

December 06, 2005

「金寿司」 最高のお寿司ここにあり!

051203_kinzushi-2

東京・神田の「金寿司」のイチオシは、「マグロひっかけの軍艦」である。マグロの頭の肉をスプーンで刮げとって、海苔を巻いて軍艦にしたもの。これを食べずして金寿司は語れない、の逸品である。お米、酢、醤油、わさび、ガリ、どの食材にもマスターのこだわりが隅々まで行き渡っている。

051203_kinzushi-4

右から「カツオのタタキ」。ふんわりと芳ばしい香りがする。その秘密は藁を焼いていぶした香り。少し焦げた周囲と新鮮な身のバランスがとても絶妙。「う〜ん!」とうなってしまう。言葉にはならない。中央は「赤貝」。説明は不要であろう。左は「キス」。包丁さばきと言うのか、適度な鮮度というのか、同じキスでもただ者ではない。(ぜんぜん説明になっていない。(^^;; )

051203_kinzushi-3

ニギリは、1カンずつ握ってくれるので、いろんなネタが楽しめる。どのお寿司屋さんにもある定番のネタももちろんあるが、金寿司は、そのネタにちょっと事前にお醤油を効かせたり、ネタによってはちょっと炙ったり、その「ちょっと」が心憎い。そしてシャリのお酢加減、ネタとのバランスも絶妙である。

051203_kinzushi-1

どうしよう? 「とうとう紹介するときが...」 「誰にも教えたくないとっておきの店」こんなタイトルのレストラン紹介記事をよく見かけるが、私にとってこの「金寿司」がまさにそれなのだ。東京・神田小川町にある。実は、このお店を経営しているのは、もう20年以上も前からおつきあいしている私の友人なのだ。もともとは、私の学生時代、彼の妹さんがやっていた劇団のお手伝い(音楽・音響担当)をしたのがそもそもの始まり。私の自宅(兵庫県・豊岡市)が完成した時のパーティにはわざわざ東京から来て、寿司を握ってくれた。最高の味と心遣いでした。改めて感謝。

千代田区神田小川町3−20

tel 03-3291-2816

「金寿司」

※JRお茶の水駅から明治大学の前を通り、駿河台下交差点1コ手前の道(マツモトキヨシ)を右折し、20mぐらい行ってまた右の路地に入ったところ。隣の店「串揚げ」の看板が見える。(金寿司の看板は見えないので注意)

※商売っけがないと言うか、性格と言うか、ゆっくりともの静かに握ってくれる。セッカチな方も郷に入ればで、マスターのペースに身を委ねよう。(^_^) 来ているお客さんも、美味しいお寿司を求めて食べにくる、常連さんばかりだ。また、その雰囲気が良いのだ。

|

« 『建築は詩』 建築家・吉村順三のことば | Main | 「職人芸の一品ハンガー」 繊研新聞に掲載される »

Comments

The comments to this entry are closed.

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 「金寿司」 最高のお寿司ここにあり!:

« 『建築は詩』 建築家・吉村順三のことば | Main | 「職人芸の一品ハンガー」 繊研新聞に掲載される »