« 静かに色づく山・静かに流れる川 自宅裏の風景 | Main | イタリア料理講習会 北村光世先生 »

November 28, 2005

轆轤(ろくろ)の技術

051116_rokuro-1

Hanger-Networkは木製ハンガーのメーカーであると同時に、木工全般をカバーする加工技術、機械が揃っている。写真は轆轤(ろくろ)である。ご存知のように、同心円を持った真ん丸な製品を加工する技術である。「轆轤職人」と言う言葉あるように、木工の代表的技術のひとつである。

051116_rokuro-2

ろくろ技術の伝承も順調に進んでいる。この道50年近い職人の息子さんが既に、その技を習得し、大活躍している。少ロットにも対応できるフリーハンドの技術を残しつつ、量産も可能な機械設備を備えている。

051116_rokuro-3

Hanger-Networkでは、すでに40年近く、このろくろ技術を駆使した製品を製作してきた。主にディスプレイ・マネキン業界の什器、器具などのスタンド部分などに、ろくろ製品が多く使用されてきた。いわゆる「三脚」と呼ばれるボディやスタンドの脚部である。また、ボディのヘッドキャップ、木の円柱、木管、など用途は様々である。近年、モノづくりが中国など、コストの安い地域へシフトしている。しかし、Hanger-Networkの木工技術は、確実に未来へ引き継いでいきたい。技術者はしっかりと育っている。

|

« 静かに色づく山・静かに流れる川 自宅裏の風景 | Main | イタリア料理講習会 北村光世先生 »

Comments

The comments to this entry are closed.

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 轆轤(ろくろ)の技術:

« 静かに色づく山・静かに流れる川 自宅裏の風景 | Main | イタリア料理講習会 北村光世先生 »