« ガマズミ 真っ赤な実が可愛い | Main | 【古今東西ハンガー】 倉又史郎氏の「幻のハンガー」 »

October 16, 2005

コウノトリに感動!

051016_kohnotori-1

9月24日に放鳥されて以来3週間が経った。しかし、私自身、放鳥後、「コウノトリの郷公園」を訪ねるのは初めてだ。野に放たれたコウノトリを観ることができるのかな、と期待と不安を抱きながら訊ねてみた。「いる!いる!」稲刈りの後の田んぼで餌をついばんでいるではないか。

051016_kohnotori-2

放鳥後、観光客や写真愛好家など、たくさんの人が訪ねるようになり、郷公園の周囲が一変したと聞いていた。まさに、晴天に恵まれた日曜日、次から次に車がやってくる。望遠レンズをつけたカメラマンがたくさんコウノトリを観察している。いつもひっそりとしている郷公園なのに、こんな光景をみるとは、驚きだ。

051016_kohnotori-3

カメラマンが狙っているのは、てっきり田んぼのコウノトリかと思っていたら、なんと営巣用に立てられた鉄柱の上に、2羽いるではないか!いつもゲージの中のコウノトリしか観ていない私としては、この光景だけで大感動!!クラッタリング(クチバシをカタカタカタと鳴らす)の音が鳴り響く。

051016_kohnotori-4

鉄柱の上のコウノトリを観ながら、周囲を歩いていくと、「いる!いる!」今度は郷公園のスタッフNさんとHさん。そして観察ボランティアの人たち、そしてカメラマンたち。みんな嬉しそうだ。良い笑顔だ。

051016_kohnotori-5

放鳥された2羽の巣に、野生のコウノトリ(一昨年8月5日に飛来して以来居着いた。名は飛来日にちなんでハチゴロウと言う)が近づく。

051016_kohnotori-6

2羽の頭上をしばらく停止するように羽ばたいている。彼女(メス)の奪い合いをしているのだろうか?それとも友達になろうよ、と声をかけているだろうか?

051016_kohnotori-7

2羽への接近をあきらめて、飛び立つハチゴロウ。その飛ぶ姿は本当に美しく優雅だ。5羽の放鳥コウノトリとハチゴロウがこれからどのように生きていくのか、大変に興味がある。

|

« ガマズミ 真っ赤な実が可愛い | Main | 【古今東西ハンガー】 倉又史郎氏の「幻のハンガー」 »

Comments

The comments to this entry are closed.

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference コウノトリに感動!:

« ガマズミ 真っ赤な実が可愛い | Main | 【古今東西ハンガー】 倉又史郎氏の「幻のハンガー」 »