« 銀座と秋葉原にちょっと寄ってみた | Main | ホットスタンプ(刻印) ハンガーにネームを入れる »

October 05, 2005

Charles Lloyd "FOREST FLOWER"

051002_forestflower

Charles Lloyd "FOREST FLOWER"

Charles Lloyd: Tenor Sax, Flute
Keith Jarrett: Piano
Cecil McBee: Bass
Ron McClure: Bass
Jack DeJohnette: Drums

1. Forest Flower—Sunrise
2. Forest Flower—Sunset
3. Sorcery
4. Song of Her
5. East of the Sun

Recorded on Sep.18, 1966

何だ、何だ! この"forest flower"の演奏は! 新鮮、躍動、感動的な出会いだった。

考えてみれば、チャールズ・ロイドって誰なんだろう?私はこのアルバムしか持っていないし、他の演奏を聴いたことがない。

ライナー・ノートによると「1960年代に活躍。卓抜なコルトレーン・スタイルで注目を浴び、チコ・ハミルトン楽団、キャノンボール・アダレーのコンボで音楽監督。1965年独立してクヮルテットを編成し、リズミックで親しみやすいメロディ・ラインで人気を博す」とある。

しかし、強烈な印象を受ける演奏だ。お薦めは何と言っても "forest flower" 。ラテン・リズムで始まり、フォービートの演奏に変化しながら、再びラテン・リズムに戻る。キース・ジャレットのピアノも必聴だ。初期のキースのピアノを知る上で貴重、かつファンタスティックな名演である。前衛からモダンまで幅広い分野の演奏ができるセシル・マクビーのベース。ドラムはジャック・デ・ジョネット。その後のキース・ジャレット・トリオまでキースにとって切っても切れないコンビネーションである。

|

« 銀座と秋葉原にちょっと寄ってみた | Main | ホットスタンプ(刻印) ハンガーにネームを入れる »

Comments

The comments to this entry are closed.

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference Charles Lloyd "FOREST FLOWER":

« 銀座と秋葉原にちょっと寄ってみた | Main | ホットスタンプ(刻印) ハンガーにネームを入れる »