« 立会演説会に行ってみた | Main | DIE WELT IST EIN DORF »

September 03, 2005

Sonny Clark "COOL STRUTTIN"

sonny_clark_cool_struttin

Sonny Clark "COOL STRUTTIN"

1 Cool Struttin'
3 Sippin' At Bells
2 Blue Minor
4 Deep Night

Art Farmer : tp
Jackie McLean :as
Sonny Clark : p
Paul Chambers : b
Philly Joe Jones : ds

Recorded on January 1958

ジャズ・レコードの名門レーベル"BLUE NOTE"を代表するアルバムだ。ジャズ・ファンなら誰も認めるところだろう。なんと言っても出だしの"Cool Struttin"の演奏は、1950年代ジャズを代表する曲だ。誰でも一度聴くと口ずさんでしまうシンプルなフレーズ。アート・ファーマーのトランペット、ジャッキー・マクレーンのサックス、ソニー・クラークのピアノ、ポール・チェンバースのベース、とアドリブが続いていく。私は特にマクレーンのアドリブが気に入っている。少し枯れた音色、どこかうら寂しい響きが何とも言えない。

"Cool Struttin"は「気取り歩き」とでも訳そうか。アルバム・ジャケットそのままである。そう言えば、この秋にワールドから「遊び心溢れる大人のスーツスタイルの提案」と銘打って、レディス・新ブランド”Cool Struttin"が登場しましたね。(どうしてもビジネスと関連してしまう?)(^_^)

|

« 立会演説会に行ってみた | Main | DIE WELT IST EIN DORF »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference Sonny Clark "COOL STRUTTIN":

« 立会演説会に行ってみた | Main | DIE WELT IST EIN DORF »