« 立会演説会に行ってみた | Main | DIE WELT IST EIN DORF »

September 03, 2005

Sonny Clark "COOL STRUTTIN"

sonny_clark_cool_struttin

Sonny Clark "COOL STRUTTIN"

1 Cool Struttin'
3 Sippin' At Bells
2 Blue Minor
4 Deep Night

Art Farmer : tp
Jackie McLean :as
Sonny Clark : p
Paul Chambers : b
Philly Joe Jones : ds

Recorded on January 1958

ジャズ・レコードの名門レーベル"BLUE NOTE"を代表するアルバムだ。ジャズ・ファンなら誰も認めるところだろう。なんと言っても出だしの"Cool Struttin"の演奏は、1950年代ジャズを代表する曲だ。誰でも一度聴くと口ずさんでしまうシンプルなフレーズ。アート・ファーマーのトランペット、ジャッキー・マクレーンのサックス、ソニー・クラークのピアノ、ポール・チェンバースのベース、とアドリブが続いていく。私は特にマクレーンのアドリブが気に入っている。少し枯れた音色、どこかうら寂しい響きが何とも言えない。

"Cool Struttin"は「気取り歩き」とでも訳そうか。アルバム・ジャケットそのままである。そう言えば、この秋にワールドから「遊び心溢れる大人のスーツスタイルの提案」と銘打って、レディス・新ブランド”Cool Struttin"が登場しましたね。(どうしてもビジネスと関連してしまう?)(^_^)

|

« 立会演説会に行ってみた | Main | DIE WELT IST EIN DORF »

Comments

The comments to this entry are closed.

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference Sonny Clark "COOL STRUTTIN":

« 立会演説会に行ってみた | Main | DIE WELT IST EIN DORF »