« 「出石川防災センター」  | Main | シングル・ラックの開発 »

September 06, 2005

土嚢を積む

050906_dono-1

台風14号が九州に上陸して、大きな被害が九州・四国地方に出ている。私たちの住む但馬地方には明日の未明に再接近する予測だ。今日の仕事を終えてから、土嚢を積む作業を行なった。昨年10月の台風23号で被害を受けた経験を最大限に活かし、プロジェクトチームを組んで準備をした。まさに、本番がやってきた。

050906_dono-2

水位のレベルと4段階に設定し、600個の土嚢を準備をしました。これは午前中に約15人の社員が2時間を掛ける。

050906_dono-3

午後5時。パレットに載せた土嚢をフォークリフトでそれぞれの出入り口に必要個数を運び土嚢を積む。準備をしておけば、思ったよりもスムーズに作業が進む。仮に、この土嚢を超えて浸水しても、基本的な機械、仕掛品、製品、はすべて2階に上げてあるので100%大丈夫だ。

自然相手のことだから、「絶対安心」と言うことはないが、「備えあれば、憂いなし」の心境になれるだけの事前の準備をすることは、経営者として、会社として、とても重要なことであると、つくずく感じた1日であった。あとは、明日の朝を待つだけだ。

|

« 「出石川防災センター」  | Main | シングル・ラックの開発 »

Comments

たじまもりさんところも何か備えをしましたか?

こちらは、大丈夫であろうと予測していましたが、今後の訓練の意味も込めて、土嚢、重要資料、パソコンなどの2階への移動などを実施しました。実施の必要人数、時間などを把握し、今後の予報とで、より的確な判断ができれば、と考えています。

Posted by: KOH | September 07, 2005 04:18 PM

今回はどこも防災への動きが早かったですね。
事なきを得ましたが、これからの本格台風シーズンを前に、よい訓練になったと思います。

Posted by: たじまもり | September 07, 2005 12:43 PM

The comments to this entry are closed.

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 土嚢を積む:

« 「出石川防災センター」  | Main | シングル・ラックの開発 »