« 「そごう心斎橋本店」オープン | Main | 裏の塀 防水害の役割も果たす »

September 12, 2005

Larry Coryell "STANDING OVATION"

larry_coryell_standing_ovation


Larry Coryell "STANDING OVATION"

Larry Coryell : acoustic guitar, keys
L. Subramaniam : violin, tamboura

1. Discotexas
2. Excerpt From "A Lark Aescending" By Vaughan Williams
3. Ravel
4. Wonderful Wolfgang
5. Piano Improvisation
6. Sweet Shuffle
7. Moon
8. Park It Where You Want It
9. Spiritual Dance

Recorded on March 8-11, 1978

ラリー・コリエルと言うギタリストは昔から気になるギタリストとして私の中にずっと存在し続けている。なぜだろう?ジャズとロックの要素を併せ持つ演奏。そればかりかカントリー・ミュージックやクラシックの奏法も身につけている。彼の参加したアルバムや共演したミュージシャンはとても多彩だ。列挙してみよう。ハービー・マン(フルート)、元クリームのジャック・ブルース、ギターのジョン・マクローリンパコ・デ・ルシア。そして私の好きなアルバム"DUSTER"を残しているゲイリー・バートン

このアルバムでは、3曲目の"Ravel"が面白い。フランスの作曲家モーリス・ラヴェルに捧げた曲。全曲コリエルのアコースティック・ギターが聴ける。

|

« 「そごう心斎橋本店」オープン | Main | 裏の塀 防水害の役割も果たす »

Comments

The comments to this entry are closed.

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference Larry Coryell "STANDING OVATION":

« 「そごう心斎橋本店」オープン | Main | 裏の塀 防水害の役割も果たす »