« 古い民家を楽しむ | Main | 現代の名工・久住章 左官とその道具 »

May 05, 2005

川からの風景 カヌー(日高~豊岡)

050505_canoe-1スタート地点は自宅裏の河原。日高町江原から豊岡市今森まで約12kmを下る。メンバーは友人たちと総勢7人。事前に2台の車をゴール地点に移動し、昼の食材を買出し。準備に2時間。やっと出発だ。

050505_canoe-2昨年の台風23号でえぐられた河原。この堤防の向こうに自宅がある。今後の防災計画に注目だ。

050505_canoe-3円山川から見た日高町商工会館。この建物の窓から見る円山川の景色は美しい。必見である。23号ではこの天然の堤防(神鍋溶岩)の上に建った人口の堤防をもうすぐ越すところまで増水した。

050505_canoe-4日高から出石に向かう国道に架かった鶴岡橋。私が幼稚園の頃、父に自転車の乗り方を教わったのがこの橋の上。道の大部分は、当時、砂利道であったから、身近な舗装された場所だったのだろう。

050505_canoe-523号でやられた鶴岡橋下流の堤防。頑強に見えるコンクリートの防波堤も、自然のエネルギーには太刀打ちできない。

050505_canoe-6通り過ぎてから振り返って見た上ノ郷橋。私の大好きな景色。左手は冒険家・植村直己さんが生まれ育った集落。正面は日高町最高峰の蘇武岳。右寄りに大岡山が見える。

050505_canoe-7豊岡中郷右岸の堤防工事。クレーンが天を突く。この10年間で円山川改修工事に900億円が投入される。

050505_canoe-8円山川(右側)と出石川(左側)の合流点。川の流れはゆっくりとなり、カヌーをしている我々にはアゲンストの風が強くなってくる。

050505_canoe-9いよいよゴール間近。国道312号から豊岡中心部に入る交差点の信号。川を下るカヌーのスピードと堤防の上を行きかう車のそれとの対比は、とても面白い。

050505_canoe-10キウィ2(二人乗り)が2艇。そしてサイクロン、トーネード、ダンサーの一人乗りが3艇。すべての艇が無事に豊岡市今森の河原に到着する。近くでオオヨシキリが騒がしく啼く。なぜかスズメが群をなして私たちを囲む。今日もいっぱい野鳥が観察できた。

|

« 古い民家を楽しむ | Main | 現代の名工・久住章 左官とその道具 »

Comments

The comments to this entry are closed.

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 川からの風景 カヌー(日高~豊岡):

» カヌーでキス [TAJIMANIA Blog]
これはやったものでないとわからない。カヌーを漕いだ後のランチタイムで、焚き火であぶる焼きギスの味。最高! もちろんビールがあってのことである。二人乗りのカヌーなら氷入 [Read More]

Tracked on May 07, 2005 09:34 PM

« 古い民家を楽しむ | Main | 現代の名工・久住章 左官とその道具 »