« 豪商『稲葉本家』 京都府京丹後市 | Main | 森田酒造(倉敷) 旧式圧搾機の味 »

May 24, 2005

『季節を食べるところ』  倉敷

050524_kurashiki-1

今日は倉敷にいる。昨年の台風23号の被災時にお世話になったM夫妻、O夫妻を訪ねた。その時に、大変ご心配をいただき、食料などの差し入れを頂いた知人である。M夫妻、アメリカの友人、そして私と妻。みんな一緒にO夫婦がやっている『季節を食べるところ』を訪問しました。

050524_kurashiki-3

前菜は野菜サラダ。野菜のほとんどはO氏自らが育てている。当然ながら有機栽培、無農薬である。そして『ポークカツ』。しかし、そんじょそこらの豚カツとは違う。新見市で特別に飼育した豚の肉を使っている。バーニャ・カウダパスタ、そしてピザ。どのお料理も厳選した材料を使ったこだわりのお料理ばかりである。自然好きのご夫妻がやっている「知る人ぞ知る」最高のお料理ばかり。

050524_kurashiki-2

O夫妻とは、3年前にイタリアのパルマでチーズのパルメジャーノレジャーノ、プロシュートの産地を一緒に見学した知人。M夫妻は、倉敷の造り酒屋、そして美味しいものを全国、いや海外からも集めて販売をして平翠軒のオーナー。そして、先週から来日しているアメリカ・テキサス大学建築学部の教授Gさん。食と歴史と文化の話が夜遅くまで続く。

|

« 豪商『稲葉本家』 京都府京丹後市 | Main | 森田酒造(倉敷) 旧式圧搾機の味 »

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 『季節を食べるところ』  倉敷:

« 豪商『稲葉本家』 京都府京丹後市 | Main | 森田酒造(倉敷) 旧式圧搾機の味 »