« チャイブ ネギなんだ | Main | 第51期経営方針大会 »

May 12, 2005

Miles Davis KIND OF BLUE

miles_davis_kind_of_blue

Miles Davis: trumpet
John Coltrane : tenor sax
Julian Cannonball Adderley :alt sax
Bill Evans, Wynton Kelly : piano
Paul Chambers :bass
Jimmy Cobb : drums

1.So What
2.Freddie Freeloader
3.Blue in Green
4.All Blues
5.Flamenco Sketches
6.Flamenco Sketches [Alternate Take][*]

Rocorded on Apr 22, 1959

スタンダードだから聴くのか、いつも聴くからスタンダードなのか?そんなことどちらでも良いのだが、このKIND OF BLUEを聴くと、そんなことが頭に浮かぶ。何百回も聴いているのに飽きない。JAZZファンの多くが名盤中の名盤と言う。だからへそ曲げてやろうと思っても、やはりKIND OF BLUEは良い。ライナーノーツによると、マイルスは録音に当たって曲を譜面にしないで、5小節程度のスケッチだけでスタジオに入ったと言う。他のメンバーのスポンテイニアスなプレイを期待して。しかし、録音された演奏は完璧である。こんなこと書いているとマイルスから"So What?"(だからどうなんだ)と言う声が聞こえてきそうです。(^_^)

|

« チャイブ ネギなんだ | Main | 第51期経営方針大会 »

Comments

たじまもりさん、「こいつ」は何なのか、クリックしてみました。なるほどですね。

私はてっきり妻たじまさんが出てくるのかと思いました。ちょっとブルーになっているのかと心配してしまいました。(笑)

Posted by: KOH | May 13, 2005 06:26 PM

Blue in Greenとは、こいつのための曲なんだね。
http://tajimamori.com/roppo/roppo0505-07.html

Posted by: たじまもり | May 13, 2005 05:29 PM

The comments to this entry are closed.

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference Miles Davis KIND OF BLUE:

« チャイブ ネギなんだ | Main | 第51期経営方針大会 »