« ハンガーはちょっと意外で、お洒落な贈り物 | Main | ハンガーの品質検査を徹底する »

March 30, 2005

トサミズキ 早春の散歩はここから始まる

050327_tosamizuki-1

トサミズキ(マンサク科)
名のとおり高知県に分布。しかも、蛇紋岩地帯にのみ自生する。それが江戸時代から知られていたのは、葉に先駆けて咲く、その花の独特な姿の魅力ゆえだろう。ミズキの名がつくが、マンサク科。ただし同じ科でも雰囲気は全く異なる。幅広い五弁の花が、穂状に6~10重なって垂れ下がる。
『花おりおり』  湯浅浩史・著

050327_tosamizuki-2

庭のトサミズキ。毎年春先に弱々しく咲く。それは近くにモミジやカクレミノなどの木々が植わっているので、周囲の木々と競合した結果なのかな、と思っていた。しかし、『花おりおり』の記述を知って、その弱々しさは土佐の風土とは真反対の気候、蛇紋岩地帯でもないし、環境の違いで苦労しているのかも知れない。ますます、愛しく思えてきた。

|

« ハンガーはちょっと意外で、お洒落な贈り物 | Main | ハンガーの品質検査を徹底する »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference トサミズキ 早春の散歩はここから始まる:

« ハンガーはちょっと意外で、お洒落な贈り物 | Main | ハンガーの品質検査を徹底する »