« 超・ユニークなハンガーの本 | Main | 球春到来 »

March 23, 2005

Pat Martino CONSCIOUSNESS

pat_martino_consciousness

Pat Martino  guitar
Eddie Green  electric piano
tyrone Brown  bass
Sherman Ferguson  drums and percussion

1.IMPRESSIONS
2.CONSCIOUSNESS
3.PASSATA ON GUITAR
4.ALONG CAME BETTY
5.WILLOW
6.ON THE STAIRS
7.BOTH SIDES NOW

recorded  in 1974

大学時代にジャス同好会でほんの少しギターをやっていた私にとって、ギターのジャズ・レコードを探し、購入することが多い。特に、初めて知ったギタリストのLPを聴く時は、よく胸がドキドキしたものです。

1976年に初めて”アメリカ一人旅”に出た。ジーパンとバックパッキングで40日間ロス、ニューオリンズ、ニューヨーク、サンフランシスコなどを旅した。その時、、ロサンジェルスのレコードショップで購入したLPの一枚がこれだ。その時点で、Pat Martinoは知らなかったが、当時はともかく、いろんなギタリストのジャズ演奏を聴いてみたかった。このLPの注目は、1.IMPRESSIOMS  7.BOTH SIDES NOW。1.はコルトレーンの演奏で有名だが、私はこのPat Martinoの演奏が一番好きだ。もしもサックスなら息継ぎなしとでも言うのか、Patの淡々で延々と続くアドリブは、いつ聴いても興奮する。その反面、7.はバラード調で、シンプルに、メロディアスに、演奏している。この二つの好対照の演奏を聴いて、初めてPat Martinoの何たるかが、理解できるのであろう。是非、一聴を。

|

« 超・ユニークなハンガーの本 | Main | 球春到来 »

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference Pat Martino CONSCIOUSNESS:

« 超・ユニークなハンガーの本 | Main | 球春到来 »